デイトナを中心としたスポロレが歩んできた平成初期

1988
昭和63年
デイトナにゼニス社のエル・プリメロをベースにした自動巻ムーブメントが搭載
1989
平成元年
1977年から生産されてきたムーブメントCal.3035の後継機Cal.3135が開発
1990
平成2年
エクスプローラー1(14270)が登場
2001
平成13年
エクスプローラー1(114270)が登場
2010
平成22年
エクスプローラー1(214270)が登場
ケースサイズが36mmから39mmへ